大京建機株式会社

MENU

沿革

1965年 大京建機を創設し個人経営にてトラック、クレーンのリース業務を開始する。
1968年03月 資本金300万円をもって、大京建機有限会社を設立する。
1974年12月 社業の進展と会社組織の充実を図るために、資本金1,200万円をもって株式会社に組織変更し、大京建機株式会社と改称する。
1977年01月 社有機の充実を図るため、従来の本社(大田区西蒲田4-3-3)並びにモータープール(川崎市南加瀬2377)を大田区南六郷3-22-24 に移転する。
1978年12月 資本金2,400万円に増資する。
1979年06月 業務拡張と車輌増車計画により、モータープールを大田区南六郷より、川崎市川崎区四谷下町25-2へ転移する。
1980年01月 資本金4,800万円に増資する。
1985年08月 160トントラッククレーン保有。
1986年07月 クレーンのラフター化傾向に伴いラフタークレーンの増車を図る。
1990年04月 明るいソフトな建設業のイメージ化のため、女性クレーンオペレーターを登用し、この面で業界の先駆者となる。
1990年10月 保有クレーン車輌、100台を突破する。
1993年01月 中古クレーン売買業務を開始する。
2000年07月 タワークレーンオペレーター請負業を開始する。
2000年09月 モータープールを川崎市四谷下町25-2より横浜市鶴見区大黒町9-1へ移転する。
2002年01月 クレーンのベアレンタル業務を開始する。
2005年01月 排ガス環境管理の一環として、ホイールクレーン25t・50tの増車入替を行う。
2005年10月 大型オールテレーン AR-4000M-1 (400t吊)を所有する。
2006年04月 横浜事業所配車センター(横浜市鶴見区大黒町9-1)を川崎事業所配車センター(川崎市川崎区白石町5-7)として移転する。
2007年07月 オールテレーン分解・組立用リフター CL-500を所有する。
2008年01月 川崎市川崎区扇町4 3580㎡を、社用地として取得し、川崎事業所配車センターを移転する。
2008年04月 大型オールテレーン ATF220G-5 (220t吊)所有する。
2008年06月 UAE(アラブ首長国連邦)へ、ドバイメトロ施工のため、技術者2名を派遣する。
2008年09月 大型オールテレーン KA-2200 (220t吊)を所有する。
2008年12月 4軸ラフタークレーン CREVO700 (GR-600N-2)を所有する。
2010年09月 新機種大型オールテレーン ATF130G-5 (130t吊)を所有する。
2012年06月 超大型オールテレーン AR-5500M-1 (550t吊)を所有する。

  • 株式会社タダノ
  • IHI建機株式会社
  • 株式会社加藤製作所
  • 日立住友重機械建機クレーン株式会社