Overseas Business海外事業

main visual overseas business main visual overseas business main visual overseas business main visual overseas business

1995年、中国に合弁会社を設立したことからスタートした大京建機の海外事業。それ以降四半世紀以上にわたって、自社はもちろん日本全国の中古クレーンや建機などを海外へ輸出する業務を行っております。

2005年にはドバイ現地法人を拠点にクレーンレンタル事業や中古機械の売買を開始。2020年には南インドに位置するバンガロールに現地法人(DAIKYO KENKI INDIA PRIVATE LIMITED)を設立し、不動産投資事業やクレーンビジネスに着手しております。

海外への中古機械売買は、大京建機の関連会社であるアビルコインターナショナルを介して、グローバルなサービスをご提供しております。北はロシアから南はオーストラリア、さらに太平洋を越えた中南米やインド洋を越えたアフリカ・中東の国々まで、世界中へと大京建機のネットワークは広がり続けています。

貿易相手国

中国/韓国/台湾/ロシア/ミャンマー/タイ/インドネシア/シンガポール/パキスタン/アラブ首長国連邦(UAE)/クェート/サウジアラビア/ウガンダ/南アフリカ/コロンビア/オーストラリア/ニュージーランド/インド/カンボジア/ベトナム

world map

world map
wind power business slide image
wind power business slide image

OUTRIGGER PADS

アスファルトなど地面を保護するとともに、クレーン作業をより安全に行うために欠かせないアウトリガーパッド。その製造販売で欧州・北米地域で高い知名度を誇るイギリスのIndependent Parts & Service Ltd社と日本総代理店契約を締結したアビルコインターナショナルとともに、大京建機は販売パートナーとして活動しております。

従来国内で使用されていたアルミの敷き板に比べて、軽く持ち運びやすく、耐久性が高く、コストパフォーマンスにも優れております。2018年から自社クレーンに導入していることで、その耐久性と安全性は実証済みです。

さらにその品質性能と安全性の高さは、品質マネジメントシステムの国際規格として広く世界に普及しているISO9001の認証を得ているエンジニアリングコンサルタント会社DYNAMIQ Engineering社にて確認されております。

日本では2021年、一般財団法人「建材試験センター」にて試験を実施し、品質性能と安全性を改めて確認いたしました。

商品名:アウトリガーパッド「OUTRIGGER PADS」
https://www.outriggerpads.co.uk/

サプライヤー名:インデペンデント・パーツ&サービス社(Independent Parts & Service Ltd)

日本総代理店:アビルコインターナショナル
http://abileco.com/

ダイナミックコンパクション工法による
地盤改良ビジネスでグローバル市場に挑む

2020年、大京建機株式会社とUAEアラブ首長国連邦のドバイに位置するJVパートナーSalim Equipment Rental LLC社は、高所から繰り返し重しを落下させることで地盤を堅固にする技術、ダイナミックコンパクション(Dynamic Compaction)の市場へ参入することを決定しました。ダイナミックコンパクションにはヘビーデューティクローラークレーンが必要とされるため、大京建機とJVパートナーは2020年2月、独リープヘル社製の130tクラスの「HS8130.1」2台を購入しました。

地盤改良や埋め立てのプロジェクトには、専用のクレーンが必要になります。リープヘル社製のヘビーデューティクローラークレーンは通常10時間で600回、地面に打ちつける事ができ、深さ8~15mまで土壌を締め固めることが可能な能力を有しています。そのようなクレーンを製造している数少ないメーカーの中から、製品開発と顧客サポートに関して業界をリードしている、リープヘル社製のものを選びました。弊社の拠点ロケーションがリープヘル社中東オフィスの向かいにあることも採用の一因となっております。

現在、この2台の130tクラスの「HS8130.1」は、世界的に有名な地盤改良開発会社 英ケラー社が受注した「エティハド鉄道」敷設プロジェクトに配備されています。ダイナミックコンパクション市場における成功と、さらなるクレーン需要を背景に、大京建機とSalim Equipment Rental LLC社は2021年2月、より高い吊り上げ能力を備えた200tクラスのヘビーデューティクローラークレーン「HS895HD」2台を配備しました。また、クレーン納車を記念して2月18日にドバイにて式典を実施し、在ドバイ日本国総領事館の関口総領事、並びに在ドバイ日本商工会議所の安藤事務局長、日系企業様にご参列いただきました。

ダイナミックコンパクション市場は、ニッチかつハイリスクではあるものの安定した需要の見込める分野です。その作業には、高度なスキルを持つオペレーター、メンテナンススタッフ、リープヘル社のアフターサポートチームを含むリソースの真摯な取り組みが求められるとともに、専用のヘビーデューティサイクルクローラークレーンが必要とされます。ダイナミックコンパクションを行うための専門的な技術とリソースを兼ね備えた数少ない会社として、私たちはこのダイナミックコンパクションビジネスを通してグローバル企業になることを確信しております。